ページ内を移動するためのリンクです。

代表photo
代表からのメッセージ
タイヘイの歴史はチャレンジの連続でした
138年に及ぶタイヘイの長い歴史は、明治13年、八日市場のしょうゆ屋から始まりました。
その歴史は、チャレンジの連続でした。多様化する人々の生活、時代の移り変わり、そして大切なお客様からのご要望。その変化に応え続けるために、ひとつひとつ、新しいことに挑戦し、日々努力を重ねてきました。
現在タイヘイは、食品事業部(調味料)、食材事業部(食材宅配)、フード事業部(肉・魚・冷凍食品)、フレッシュデリカ事業部(カット野菜)、印刷事業部(印刷・広告代理業)、信販事業部(金融事業)の6つの事業部を展開し、グループ関連企業は約70社、グループ売上は3,000億円にも及びます。これはタイヘイが「新しいことへの挑戦」を幾度となく重ねてきた努力の賜物です。この規模の会社としては、タイヘイは「地味」に見えるかもしれませんが、新しいことに挑戦するためには、それを支える堅実な基盤が必要です。
この堅実な基盤を守るために、タイヘイは質実剛健を旨とし、地味であり続けているのです。
親から子、そして孫へ永く愛される会社に
タイヘイがこれから、創業150年、そして創業200年という歴史を築いていくなかで目指すのは、「いい会社」であるということです。「いい会社」とはどういうことか。
それはつまり、二宮尊徳氏の「道徳なき経済は罪悪である。経済なき道徳は寝言である」という言葉にある通り、道徳と経済を併せ持った、尊敬される会社であることです。健全な会社経営を続けるためには、利益の追求だけではなく、モラルが必要です。当たり前のことですが、会社や自己の利益のために、他人さまにご迷惑をかけるようなことがあってはなりません。常に誠実さと思いやりを忘れることなく、お客様から愛され、地域の皆様からは支持され、社員に誇りを持って働いてもらえる会社でありたいと思っております。それは例えば、タイヘイの社員のご子息やお孫さんが、タイヘイに入社したいと思える、そしてそのことを親御さんや祖父母様が歓んでくれる、そんな会社でありたいと思います。
チャレンジできる環境があなたを待っています
タイヘイでは経営理念として、「常に新しいことに挑戦し、活力ある企業であること」、
そして「日々努力を重ね、永続する企業であること」を掲げています。
この理念を実現し、成長していくためには、タイヘイという会社と同じく、 「チャレンジ精神」に富んだ方が必要です。 タイヘイは地味ではありますが、柔軟性も持ち合わせた会社です。 出身校や年齢にこだわることなく、実力とやる気のある方には どんどんチャレンジできるチャンスがあります。 日々の仕事の中で、そして人生の中で、チャレンジを続け、 ゆくゆくはタイヘイグループ全体を引っ張っていくリーダーとして活躍して頂きたいと思います。
代表取締役社長 太田健治郎

PAGE TOP