ページ内を移動するためのリンクです。

食材事業部 中四国地区 地区長のインタビュー写真

Profile
食材事業部 中四国地区(兼)九州地区 地区長 小浦直行(1998年入社)

タイヘイって、誰かが自分のことをちゃんと見てくれている、そんな会社です。だから、一歩一歩前向きに歩んで行けば、自分が伸び伸びと働けるポジションが、必ず与えられます。そして、思い描いていた未来を引き寄せられるはずです。大事なことは、焦らずに、腐らずに、未来を信じて頑張ること。そうすれば、きっと道は開けてきます。営業として平凡な成績しか残せなかった私が、今では中四国地区と九州地区で地区長を任されているのですから。

私は新卒で当社に入社し、出身地の広島で4年間、営業に従事していました。福祉施設や企業などを訪問して、介護給食や社員食堂などで使用する食材の配達先を新たに契約してくるのが営業担当のミッションです。ところが、私はなかなか契約が取れなかった。同期が次々に初受注したという情報が入ってくるのに、私は何ヶ月もかかり、その後の成績も良い時でも中位でした。

3年目には、結果を焦ったためか上司の指導に反論し、始末書を書いたこともありました。今から思えば冷や汗ものです。それでも未来を信じ、腐らずに頑張っていたところ、思っても見ないチャンスが与えられました。5年目、岡山営業所の所長に抜擢されたのです。

自分のマネジメントスタイルを確立し、次々と成果を上げました。

私を含め6名足らずの小さな営業所でしたが、まがりなりにも現場のリーダー。従業員の生活を守らなければならないと、一所懸命に営業所の発展に挑みました。お客様から依頼された食材をミスなく配達し、信頼を築き、営業が取ってきた契約を守るのが営業所長の務めです。そこで、私は何よりも配達スタッフや事務スタッフに、気持ちよく働いてもらわなければならないと考え、自らムードメーカーとなり、コミュニケーションを取りやすい雰囲気づくりを心がけたのです。

私のメンバーのマネジメントスタイルは徐々に効果を上げて行きました。風通しが良く、みんなが活き活きと仕事ができる営業所に変わり、そのためか取引中止も皆無になりました。そして広島営業所に異動することが決まった時、岡山営業所は私の着任時よりも売上規模が50%もアップしていたのです。

メンバーが働きやすい環境をつくり上げる私のマネジメントスタイルは、さらに磨きがかかり、広島営業所の所長時代も、その後に昇進した中四国地区の地区長職でも、業績は上がっています。タイヘイには決まりきった仕事はありません。だから自分がいつか必ず輝ける。自分のスタイルを確立するまで、ぜひ頑張ってください。

食材事業部 中四国地区 地区長のインタビュー写真 食材事業部 中四国地区 地区長のインタビュー写真 食材事業部 中四国地区 地区長のインタビュー写真

今後の目標

食材事業部 中四国地区 地区長の笑顔の写真
タイヘイは福祉施設への食材供給会社としてトップクラスの位置にあります。これを近い将来ダントツの1位にしたい。そのために、地区長として担当する中四国地区ならびに九州地区に新たな営業所を出し、同時に人を育てて行きたいですね。その先にはタイヘイの海外展開が見えてくるでしょう。遠い夢ではないと考えています。

私のキャリア

入社年
中四国地区 営業センター配属
入社4年
中四国地区 岡山営業所 所長
入社8年
中四国地区 広島営業所 所長
入社10年
中四国地区 地区長
入社14年
中四国地区 地区長 (兼)
九州地区 地区長

PAGE TOP