ページ内を移動するためのリンクです。

グループ会社 役員の写真

Profile
本部総務部次長 河野利之(1994年入社)

総務部への思いがけない異動。でも仕事を覚えるうちに楽しくなりました。

あなたは自分が思っても見なかった辞令が自分に下りたら、それを受け入れられますか。私はタイヘイという会社なら、チャレンジしてみる価値は大いにあると思います。

私は、大学時代に人間の生活に不可欠である衣食住のいずれかに関わる仕事がしたいと考え、就職活動を進めるうちに食品関連の業界に絞り、最終的に「ファミリーセット」で知っていたタイヘイを選びました。

当然、食材事業部で営業をするものだと思いますよね。でも、それは入社から1年だけでした。2年目の夏、総務課への異動辞令が下りたのです。寝耳に水とはこのことです。正直を申しますと、当時は少々戸惑いました。自分にデスクワークは向いていないと決めつけていたのですね。しかも、2年目なのに、いきなり主任で、経理もパートの採用人事もしなければならないという仕事が待っていました。

そこから約12年。私は総務畑でキャリアを重ねました。あっという間に年月が経過したような気がします。総務の仕事を覚えて行くうちに、食材事業部の営業所が客観的に見え始め、どうしたらもっと良くなるのかを考えるようになり、自分なりに動きました。新たな挑戦だと考え直して取り組んだら、俄然面白くなったのです。

挑戦し続ける姿勢が、経験したことを価値に変えてくれます。

そんな私に、再び思いもよらぬ異動が舞い込みました。地区長を1年挟んで、今度は印刷事業部への異動という辞令が申し渡されたのです。もうタイヘイという会社の大胆さを理解しているから、戸惑ったりはしません。自分を成長させる、また新たなチャンスがやってきたと感じました。実際に、印刷事業部ではM&Aを間近で体験するなど、貴重なスキルを身につけられたと思います。

ところが、それで終わりではなかったのです。僅か1年で、今度は子会社であり、主に建設現場に食材を提供しているサンコー食品株式会社への出向が決まりました。そしてその1年後に、同社の取締役を拝命したのです。でも、とにかく、前を向いて進むだけです。自分の行動一つで結果が大きく左右する事業経営は大変ですが、40歳手前でこんなチャンスは滅多にもらえるものではありません。会社には本当に感謝しています。

今もチャレンジの途中ですが、振り返ってみると、私は異動をチャンスと捉え、自分の中で悪戦苦闘しながら乗り越えてきたように思います。みなさんもタイヘイに入社したら、想定外の未来がやって来るはずです。でも、その一つひとつに正面からぶつかっていくと、必ず満足のいく結果につながるでしょう。

グループ会社 役員のインタビュー写真 グループ会社 役員のインタビュー写真 グループ会社 役員のインタビュー写真

今後の目標

グループ会社 役員の笑顔の写真
食材事業部と印刷事業部、それに子会社の経営を経験した今は、これからのキャリアにもう何があっても怯みません。他の事業部に挑んでみたいですね。他にも、新規事業部のゼロからの立ち上げなど、まだまだやりたいことがたくさんあります。タイヘイなら、そんなチャンスが必ずやって来るはず。今からわくわくしていますよ。

私のキャリア

入社年
北九州地区 営業センター配属
入社1年
総務部 北九州地区 総務課主任
入社6年
総務部 四国地区 筆頭総務
入社8年
総務部 西東京地区 筆頭総務
入社8年
総務部 中四国地区 筆頭総務
入社11年
総務部 南関東地区 筆頭総務
入社14年
九州地区 地区長
入社15年
総務部 印刷事業部 担当総務係長
入社16年
サンコー食品(株) 総務部長
入社17年
サンコー食品(株) 取締役総務部長
入社21年
総務部 経理(兼)財務担当課長
入社23年
総務部 次長

PAGE TOP