ページ内を移動するためのリンクです。

食材事業部 センター長兼所長の写真

Profile
食材事業部東京地区 所長 藤巻良介(2004年入社)

タイヘイでは新規獲得を営業部門が行い、営業所々長が営業所のマネジメントを通して既存顧客の契約を守ることになりますが、この「守る」という所長の役割は容易ではありません。実際に食材を毎日お届けするのは営業所です。所長の責任業務である発注や仕入れにミスがあり、配送に欠品が生じたら、お客様からのクレームに直結します。契約解消に至るかもしれません。また、配送スタッフの態度次第でお客様が感じるタイヘイの印象がガラリと変わりますが、彼ら配送スタッフにお客様から好感を得られる配送態度ができるようにさせるのも、所長の腕の見せ所です。

このように、お客様から寄せられるタイヘイへの信頼と期待を維持するのは、営業所に他ならないのです。私は2年間の営業の後、まずは板橋営業所の所長になり、城南営業所の所長を経て、現在は千葉・茨城地区のセンター長と千葉営業所々長を兼務しています。営業所々長のマネジメントの醍醐味を幾度となく味わってきた私が言うのだから間違いはありません。

一方、日々のマネジメントに奮闘する営業所々長たちの相談に乗り、本部との橋渡し役となるのがセンター長。担当地区全体の業績を大きく左右する、影響力の大きなポジションです。

毎日が違う日々。何も起こらないように創意工夫します。

お客様からの細かな注文は、原則として1週間前にFAXでもらいます。その注文内容を元に、所長は品質と価格を見極めて、仕入先に発注します。つまり、何日も先を見据えて、前倒しで発注をかけることになるのです。そこにお客様からの緊急の追加注文やキャンセルなどが飛び込んできたりすると、やりくりして応えなければなりません。その段取りを上手く進めるには、普段から食材の注文予測と在庫状況などを把握しておく必要があります。

また、配送スタッフや作業スタッフに気持ちよく働いてもらうように配慮することも、所長のマネジメント力にかかっています。風通しの良い風土をつくり、円滑なチームワークが出来上がれば、日々の業務がスムーズに進みます。また、所長が困っている場合などで、自然に手助けしてもらえる雰囲気になります。そんな営業所をつくりあげるには、普段からのコミュニケーションに心を配らなければなりませんが、一体感が生まれた時は、リーダーならではの手応えを感じられるはずです。

こうして所長が心血を注いだ営業所は、何もトラブルが起こらない=優秀な営業所になります。売上も確実に増加。自ら築いた営業所という自負は、自信につながります。

食材事業部 センター長(兼)所長のインタビュー写真 食材事業部 センター長(兼)所長のインタビュー写真 食材事業部 センター長(兼)所長のインタビュー写真

今後の目標

食材事業部 センター長(兼)所長のインタビュー写真
頑張って成果を上げたら昇格させてもらえるのがタイヘイの魅力ですが、私はまだまだセンター長の器ではないと思います。他のセンター長に比べるとまだまだですし、先輩の営業所々長から学ぶことも少なくありません。期待度込みの現在の役職だと考えています。自分も成長して、他のエリアに負けない地区に育て上げたいですね。

私のキャリア

入社年
東京地区 営業センター配属
入社3年
東京地区 板橋営業所 所長
入社4年
東京地区 城南営業所 所長
入社5年
東関東地区 千葉営業所 所長
入社7年
東関東地区 センター長 (兼)
東関東地区 千葉営業所 所長
入社10年
東京地区 センター長 (兼)
東京地区 江戸川営業所 所長
入社12年
東京地区 城南営業所 所長

PAGE TOP