タイヘイの歴史

起源は江戸時代、初代 太田平左衛門がタイヘイの礎を築く

時は江戸の世、元禄八年。五代将軍 徳川綱吉の頃、当時の名僧鉄牛禅師の努力で椿の湖が干拓され干潟八万石が形成されつつあったとき、近隣よりその一角に入植し農業を営む人が次第に多くなっていたといいます。
現在のタイヘイ株式会社本社の所在地、千葉県匝瑳市八日市場の前身である福岡村は、干潟八万石の西端に位置していました。当社の始祖、初代 太田平左衛門が当時、新田として開墾されたばかりのこの地に入植し、農業を営み始めたそのとき、タイヘイの歴史が始まったのです。

起源は江戸時代、初代 太田平左衛門がタイヘイの礎を築く

第12代 太田 平佐衛門勤険力行の人であった初代 平左衛門は次第に財をなし、近隣を束ね、地主としての地位が確立されました。その頃、穀物貯蔵の手段としての酒造業を営み始めると、徐々に酒造業を本業にするようになっていきました。
そこから代を累ねること十代、二百余年の長い年月を経た明治の世、第十代の逝去のあとを受け、第十一代当主が平左衛門を襲名しました。明治十一年、維新の偉業もまだ緒についたばかりの頃、かの西南の役より数えて二年後にあたる年のことでした。
元来、下総の地は酒造業に限らず、味噌、醤油など醸造業の発達していた土地柄であり、特に醤油の醸造では江戸時代から全国一の生産地であったといわれています。現在でも下総国は野田市、銚子市を中心に醤油醸造メーカーが集中しており、その生産高も全国の五〇パーセント以上に達しています。(昭和五十五年二月当時)
この様な土壌、環境の中で、十代に及んだ家業の酒造業を継承した第十一代当主は、家業の一層の発展を心に期し、酒造りへの道を歩み始めました。しかしながら、当時酒造業者にとって最も警戒すべき暖冬異変が続き、そのために、寒仕込みの諸味の腐敗現象が頻発、産を失う同業者が近隣に続出したのです。

明治十三年、本格的に幕を開けるタイヘイの歴史

この現象に、塩蔵の伴わない醸造業である酒造りには不安定な要素が残るということを肌で感じとった第十一代当主は、ついに意を決し、企業的にも安定度が高く、しかも酒造設備をそのまま活かせる醸造業である味噌・醤油の醸造に転換しました。時に明治十三年二月三日のことでした。
ここにタイヘイ株式会社を今日あらしめた原点をなす、千葉県海上郡福岡町の味噌・醤油醸造業平野屋本店が創業しました。年を追うごとに生産高も順調に伸び、創業の年より二十一年を経た明治三十四年では、当時主力製品であった味噌に対し、わずか一割のウエイトしか占めない副業的存在の醤油の生産量だけでも、二百石余りに達し、業界でも注目され始めるようになったのです。
それから百三十年余り、風雪を越えて、元禄の世から受け継がれてきた杉木桶が110本以上、今日も蔵に並んでいます。この伝統ある木桶と、ともに歴史を重ねてきた貴重な微生物を守り、タイヘイはこれからも醤油造りを続けてまいります。

出典:『社史 タイヘイ100年の歩み』(昭和五十五年二月三日発行  一部改訂)

受託生産(OEM) タイヘイの贈答品